税金・医療費・教育費が無料の国、ブルネイに行ってみた

ブルネイモスク

世界一周4カ国目、ブルネイに行ってきました。

東南アジアの中で1、2を争う存在感のない国、ブルネイ(独断)。僕らは調べるまでは名前すらほとんど聞いたことがなかったです。

ブルネイに行った理由

マレーシアに滞在中にいろいろと調べていた際に、マレーシアが移住したい国1位の座にしばらくの間収まっていたということを知って、それじゃ他の移住したい国ってどこだろうと思って調べたのがきっかけでした。ブルネイは日本人移住者2位の国らしいです。

ブルネイはマレーシアに囲まれた小国です。こんなところに国があったとは。

ブルネイが日本人移民数第2位の理由がすごいです。ブルネイはオイルマネーで潤っているので、なんと「税金なし」「医療費無料」「教育費無料」の素晴らしい国だとか。また、国王様がお金持ちで、自分のバースデープレゼントに国民に遊園地をプレゼントしていたり。半端ない。一方で、イスラム教の厳しい国で酒とタバコの販売が禁止されています。なんか気になりますよね。行ってみるしかないです。

クアラルンプールから飛行機で片道最安値で3000円程度で行けます。

ブルネイってどんなところ

実際行ってみた感想としては、綺麗で安全、人も良いgoodな国でした。フレンドリーな人が多く、道がわからなかった時やモスクに観光に行った際などに親切に話しかけてきてくれます。とても住みやすそう。物乞いも見なかったですし、みんな豊かに暮らしてそうです。物価は日本よりちょっと安いくらい。

実は日本との関係は深く、戦時中に3年間日本の統治下にあった際に日本人の木村さんという方がブルネイの発展に大きく寄与していて今でも尊敬されていたり、ブルネイの天然資源の90%は日本に輸出していたりしているそうです。また、東日本大震災後にはブルネイからは100万ドル、民間からもおよそ2400万円の義援金や寄せ書きなどが贈られたとのことです。

観光としては、モスクがとても綺麗です。特に、スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスクはとても綺麗でした。ただ小国なので見所は少ないところが難点ですね。市内の有名なモスクや博物館などは1〜2日で回れますし、市内からは離れている熱帯雨林のウル トゥンブロン国立公園に行ったとしても3〜4日もあれば十分満喫できると思います。

ブルネイの見所

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

img_1677
湖に映るモスクが見ることができ、とても写真映えする綺麗なモスク。この写真を撮るだけでブルネイに来た価値があるかも。夜にはライトアップされます。この記事のトップに貼った画像が一番うまく撮れた一押し写真です。

モスクの説明をしてくれたおっちゃんが言うには、ブルネイで一番最初にできたモスクだそうです。このおっちゃんは何と交換留学生で日本に来ていたとか。おしゃべりな人でいろいろと説明してくれました。礼拝の時間以外は中にも入れます。中もとても綺麗ですが写真NG。

ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク

img_1689
大きい綺麗なモスク。こちらも中に入れます。スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスクよりも大きく見応えがあります。こちらも中は写真NG。

ロイヤル・レガリア(王宮博物館)

(写真撮り忘れ)
ブルネイの歴史的なものや、王宮に寄贈されたものが飾ってあります。入場無料。いろいろなものが飾ってあるので楽しめます。王宮の倉庫?って感じ。いろいろな国からの寄贈品が飾ってありますが、韓国とか中国はあったのに日本からの寄贈品が見つけられなかったのが残念(見つけられなかっただけかも)

イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

img_1706
「世界最大の宮殿」と呼ばれています。王様が実際に住んでいるようですが、庭?がものすっごく広い+中には入れないので、どんなところに住んでいるのかは想像するしかないです。

移住したいか

ブルネイに行ってみた動機が、移住したい国ランキング上位に入ってるけど実際はどういう国なの?という思いだったので考えてみる。

「税金なし」というのはすごく魅力的。日本で働いていたら所得税や住民税、消費税、年金、雇用保険、国民健康保険なども含めると所得の1/4程度は引かれてしまうのではないでしょうか。それが0。そして医療費や教育費も0。羨ましい。とても羨ましい。

でも懸念点もちらほら。オイルマネーで潤っている国なので今後大丈夫なのかな〜とか。日本も昔は税金なしだった頃もあるようですが今や税金は増える一方ですし。行ってみた感想としてはブルネイは観光業もあまり盛んとは言えなかったですし、小国のため大きな産業を起こすのも難しそう。国家としてエネルギー資源頼みからの脱却のためいろいろと動いているようなので、今後に期待です。

また、僕はお酒は普段からほとんど飲まないので別に良いのですが、タバコがNGなところが辛い。そして、「酒」「タバコ」が禁止で、イスラム教なので「女遊び」もNGなはず。街中を歩いていても娯楽施設は見当たらなかったですし、みんな何をして遊んでいるんだろう。小さい国なので見るところはすぐになくなりそうですし。

以上のことから、今、移住したいかと言われると僕はNOです。旅行や登山などが好きなのですぐに飽きてしまいそうです。でも定年後とかでゆっくり暮らしたいならありかもって感じです。しかしそうなると税金0の恩恵が半減してしまうし、物価も高いので悩みどろこですね。

コメント

コメントを残す