「世界三大がっかり」は昔のお話。今のマーライオンはその知名度に合う人気者!

世界一周3カ国目。マレーシア、ジョホールバルからバスに乗り陸路でシンガポールにやってきました。シンガポールは物価が高いのでジョホールバルに宿をとり、日帰りです。

マレーシアとシンガポールって、3倍くらい物価が違う。貨幣価値が違うのに付けられている値札の数字はほとんど同じくらい。ちなみに国境を超えるバスなんて、マレーシアリンギットでもRM3、シンガポールドルでも$3。貨幣価値はおよそRM3=$1。つまりシンガポールドルで払うと3倍損します(笑)えぇぇぇ…

でも日帰りで国を跨いだ旅行ができるって素晴らしい!

「世界三大がっかり」と呼ばれていた頃のマーライオン

3%e5%a4%a7%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8a

マーライオンはライオンの頭と魚の体を持った神話上の生き物で、シンガポールの象徴的存在です。マーライオンは1972年に作られましたが、その後様々なトラブルに見舞われたこともあり、旅行者からはデンマークの「人魚姫像」、ベルギーの「小便小僧」と合わせて「世界3大がっかり」と呼ばれていました。

大きな問題としては…

① ポンプの故障で水がでなくなった
② 近くにEsplanade橋が建設されたことにより景観が崩れた

口から水が出ることもなく、景観も悪い。それでは観光客もがっかりしますね。

「絶好の写真撮影スポット」となった現在のマーライオン

「世界3大がっかり」を脱退すべく?2002年にマーライオンは移転しました!

今の場所は屋上のプールが有名なマリーナベイ・サンズが望める絶好の撮影スポットとなっています。また、前面にも桟橋を作っており、様々な角度から見ることができます。僕らが行った時も大勢の人が楽しげに写真を撮っていました。
img_1598

実は移転後も雷に打たれたりしているようで不運なマーライオンさんですが、元気に水を吐き続けています。僕らは見ていないのですが、夜にはライトアップもされるためロマンティックなデートスポットにもなるそうです。

コメントを残す