一生に一度は見たい灯籠祭り。コムローイに参加してきた!

コムローイに火を灯す

ディズニーのラプンツェルのモデルになったと言われていて人気のあるお祭り、コムローイに参加してきました。2016年は11月14日開催でしたが、晴天でフルムーンもばっちり見えており、とても幻想的でロマンティックな体験ができました。その様子をお届けします!

コムローイのスケジュール

DOITI TEMPLEに到着

僕らが参加したコムローイは有名なメイジョー大学内で行うものではなく、DOITI TEMPLEというターペー門からバスで30分〜1時間程の場所にあるお寺で行いました。(メイジョー大学でなくても人は多く、十分楽しむことができました)

ローカルマーケットで食事

ローカルマーケットで食事
18時にお寺に着いてから20時まではローカルマーケットで食事やお土産を購入することができます。チケットに200Bのお買い物券が付いていたのでそれで全て間に合います。屋台の食事は安いので、200B全て使うのが難しいくらいです。水が10B、スイートポテトが20B、卵が乗ったご飯が30B、豚の焼肉が2人分で100B。

場所取り

DOITI TEMPLE
20時ごろになるとランタンを打ち上げる場所に移動します。

ランタンをもらって場所を確保
1人1つのランタンを受け取り、場所を確保。

お坊さんがマントラで祝福

マントラを唱えるお坊さん
20時40分になるとお坊さんが出てきてマントラを唱えて祝福してくれます。

灯籠打ち上げ

21時になるといよいよ灯籠の打ち上げが開始されます!

コムローイ打ち上げ準備

コムローイに火を灯す
配られたランタンを広げて、内側の天灯と呼ばれる場所に蝋燭で火を点けます。

夜空に上がる灯篭
火がついたらランタンが膨らむのを待ち、十分な浮力がついたと思ったら願い事をしながら手を離します。夜空に向かって飛んでいく様子はとても幻想的でいつまでも見ていることができます。

ランタンを打ち上げる準備

夜空に浮かぶランタン

数千のコムローイ
数百ものランタンが上がる様子は圧巻。

熱気球を持つお坊さん

お坊さんが上げる灯篭
お坊さん方も上げていました。

ちなみにチケットでもらえるランタンは1人1つですが、50Bで追加購入できます。僕らも1つ追加で購入しました。

チェンマイへ帰宅

ツアーが終わり、来た時と同じバスに乗ってチェンマイまで帰ります。チェンマイに戻ってからも他の場所から上がったランタンが空に漂っているのを見ることができ、余韻を楽しむことができます。

コムローイに実際行ってみての感想

前評判通り、とても美しい光景を見ることができ大満足。今回はメイジョー大学のものよりは規模が小さかったはずなので、もし次の機会があればそちらにも参加してみたいです。一度は行く価値があるお祭りだと思います。

ちなみに、11月14日の満月は68年ぶりに月が地球に接近したウルトラスーパームーンだったらしいです。どうりで満月が大きいなぁと思ってました。これはいいことありそう!

コメントを残す