旅のお供に何を持っていく?360度カメラがおすすめです!

森の中の遺跡

旅がより楽しくなる旅グッツ、いろいろありますがその中でもカメラは重要な持ち物の一つ。カメラの中にも、一眼レフやミラーレス、ポラロイド、GoPro、ドローンなどいろいろあります。その中から僕がなぜ360度カメラを選んだのか、360度カメラがなぜ旅のお供におすすめなのか紹介します!

360度カメラとは

360度カメラとは、今年に入って徐々に浸透してきている1度のシャッターで360度全てを撮影出来るカメラになります。静止画、動画の撮影も可能で、VRゴーグルをかけるとあたかもその場にいるかのような体験ができる今話題のカメラなんです!

360度カメラを使えばこんな映像を取ることができます(画像を前後左右にドラッグすることで映像が動きます)

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

また、このような面白い絵に加工することもできます。

森の中の遺跡

まさに旅先の思い出を切り取るのにぴったりのカメラです!

なぜ360度カメラを選んだのか

旅行先に持っていくカメラとして、一眼レフやミラーレスカメラ、ポラロイドカメラ、GoPro、ドローンなどが候補にあがると思います。その中でなぜ360度カメラを選んだのか。

まず、通常の写真をキレイに撮りたかったためもともと持っていた一眼レフは持っていくことにしました。でもそれだけではつまらないので、ちょっと変わった写真を撮りたい、そう思った時に今流行り始めている360度カメラが候補に挙がりました。僕が候補に挙げたのは「GoPro」「ドローン」「360度カメラ」の3つ。ではそれぞれの利点はというと…

メリット・デメリット

GoPro…言わずと知れたアクションカメラ。小さくて持ち運びがしやすく、水陸両用。アクセサリも多く、これさえあればどこに行ってもいろいろな映像が撮れます。持っている旅人も多いですね。デメリットとしては、写真をとるなら一眼レフを持っていくのであればそちらの方がキレイな絵が撮れるという点でしょうか。動画メインでいくのであればGoProを選んだかもしれないです。

ドローン…ドローンで世界一周した方が有名となり、旅のお供に持っていく方も出てきたドローン。普段は見ることのできない空から映像をとることができるため、とても魅力的で面白い絵がたくさん取れます。デメリットはお値段が高いことと、機体が大きいため持ち運びが大変、またドローンを飛ばしても大丈夫なところなのか事前に調べなければならなく面倒という点があり、迷いましたがドローンは諦めました。

360度カメラ…360度すべての映像を取ることができるカメラ。VRゴーグルをつければまさにその場にいるような体験ができます。facebookやyoutubeも360画像に対応しており、今後ますますメジャーになってくるだろうカメラです。PlayStationVRも人気ですしね。デメリットとしては、出始めなカメラということもあり、スペック的にめっちゃイケてる!というものがまだあまりない点。ちょっと画像が荒くなってしまったり、前後二つのレンズで撮ったものをつなぎ合わせて360度の映像にするためそのつなぎ目が荒くなってしまうものが多いです。しかしそれらを踏まえた上でも、旅の思い出を残すという点ではかなり優秀なツールではないかと思っています。

おすすめの360度カメラ

360度カメラを選ぶにあたっていろいろと悩みましたがこちらのカメラに決めました。まだあまり浸透していないこともあってあまり情報が出てこないんですよね。しかし今買うのだとしたらこちらがベストだと思います。

RICOH THETA S

360度カメラの老舗、RICOHのTHETA S。静止画であればとてもキレイにとることができます。持ち運びも楽で、iPhone、アンドロイド両方の携帯に対応。動画のクオリティは他の360度カメラと比べると弱いですが、他の360度カメラにもスティッチがイマイチだったり、高かったり(SP360 4K x2)、携帯との連携がイマイチだったり(Gear360)、日陰での映像がイマイチだったり(KeyMisson360)とデメリットがあり、今の所だとTHETAが一番イケてると思います。

VOX 3DVR ゴーグル

合わせてVRゴーグルがあると、旅中でも360度画像をフルで楽しむことができます。各種のスマホに対応しているVOX 3DVR ゴーグルがオススメです。

まとめ

旅の思い出を残すために360度カメラはとても良いツールだと思います!まだ持っている人も少ないのでコミュニケーションのツールとしてもおすすめです!

コメントを残す